それは多分こかとりすでした。

返事がない。ただの手羽先のようだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

持ち込みに行ってきました。Rさん編

またまた改めまして松岡です。

基本データはこちらを参考にお願いします。

では追記でレポ投下しますー!

やってきましたRさん。4回目でございます。
今回は1年半ぶり…くらいかな?

いつも同じ人に見て貰っているのですが、さすがに一年半経ってしまっているので電話するのに躊躇しました。
でも皆から背中を押してもらって勇気もらいまして、電話しました。

当日お会いしたときに「建物の中変わりましたね」と言ったら「あれ、そんなに来てなかったっけ?確か遠方でしたよねー」と言われました。
そうです、一年半も御無沙汰してました…!そして遠方です。一応名古屋です!
てか覚えて下さってたんですね…嬉しい(;ω;)あれか私がマツコ並みのデブだからか!
そんなことを思いつついざ批評タイムです。

☆良い点☆
・キャラの雰囲気は伝わってくる。
・落ちは可愛い。
・ストーリーのメインどころは出来ている。

☆改善点☆
・サイレント始まりでもいいけど、情報を頭から入れた方がいい
・入りに状況と関係性を出す→ぐっと引き寄せられるとキャラたちの事が読者にも分かる
◎初見の人を引き込むにはどうしたらいいか考える
・現在→過去→現在→過去の話の持って行き方はナシではないが、高度なので今はまだ無理。
・回想を入れるなら分けて入れるのではなくまとめて入れた方が分かりやすい。
・回想を無くして時間軸通りに描くのが正攻法。
・言葉選びを間違ってる部分がある。
・キャラがどうしたいのか、何が嫌で何がしたいのか考えて描く。
・落ちは可愛いけどあっさりし過ぎ。
・どこを好きになったのかちゃんと考えて描く。
・キャラの立ち位置を考えて描く。
・物語の着地地点を考える。
・描きたかった部分は大事に描く。
・ストーリーの味付けを2、3歩踏み込んで描く。
・描き分けが甘い。特にメイン二人の特徴をしっかり描く。
・顔のバリエーションが少ない。
・原稿の前の段階で、スケッチを沢山する。
・キャラの雰囲気を絵に落とし込めてない。
・髪束の感じが少年漫画的なので、質感や線の強弱を付けて描く。
・女性をターゲットにした漫画を読んで研究する。
・実験を繰り返す。
・ペンの慣れが落ちてしまっているので、一日一スケッチを目標に描く。
・他の作品を見て常にインプットし続ける。

☆質問したこと☆
・変形ゴマを使った方がいいか→描きたい絵があるから使うのであって、無理に使うことはない。四角でもOK。
◎まだ白いか→まだ白い
・背景が人物になじんでない気がする→気にはならないが、パースとサイズ感の問題?スナップ写真(人と背景が一緒に写ってるもの)を参考にして模写練習をする。すると自然にサイズ感が分かるようになってくる。

こんな感じです。

最初に「前回の持ち込みから今回までに何本くらい描いた?」と言われました。
それ「16ページ1本です」と素直に言いました。鬱のせいもあってやる気が出なかったこととかも全部。
「そうなんだねー。前回の指摘した所が直ってないから」と。
DESUYONE!!!!
薄々自分でも感づいてたよ…。
ちなみに◎つけた所が前回も指摘されたところですね…。

そこから怒涛の批評が始まりました。
本命のRさんですが、4社中一番言われました。
ここに描いてないことでも細かいとこを色々指摘されました。

でもさ、こんな前回と変わってない原稿を見てくれた上に、ちゃんと細かいところまで批評をくれるとか…優し過ぎでしょ!!!!

批評も、「ここがおかしい」だけじゃなくて、「ここがこうだから分かり辛いね。読者に伝わるためにはどうしたらいいかなぁ。うーん…」
みたいにめっちゃ考えて下さって。代替案もしっくりくるし分かりやすいしでもう感動です。

ちなみに担当さんじゃないよ。

担当さんじゃないのに、細かいところま見てくれた編集さん。
ちなみに読み終わって開口一番に「質問は?」って聞いてくる方ではないですw

今回ダメな所ばかりだったけど、次持って行くときには少しでもダメ出し受けた部分を減らして、いいもの持って行く!
そしていつかこちらでデビューして、この編集さんに「原稿を見てきてよかった」と思って貰えるぐらいの作家になりたい。
そう思う持込みでしたー。

どの編集さんも素敵だったんだけどこの編集さんが飛びぬけて優しくて。
ほんと良かったです。

Rさんのレポはこんな感じです。

次に行きます。
次もよかったらお付き合いくださいませ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。